<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?> 梅毒の症状と検査とは?

梅毒

梅毒の感染経路と症状

梅毒の感染は、性行為やオーラルセックスが多いのですが、稀に食器などから感染したり、母子感染することがあります。輸血でも感染します。梅毒には、3週間程度の潜伏期間があり、ステージが第一から第四まで分かれています。それぞれ症状が異なります。梅毒の第一期と呼ばれる症状は、性器の周りに痛みがない小さなしこりが出来ますが、2から3週間程度で消えてしまうので症状を見逃すことがあります。第二期と呼ばれる症状は、感染後3ヶ月から3年程度に現れてくることが多く、1cmほどの斑点が全身に出てくるためにここで気がつくことが多いです。ただしこれも消えてしまいます。第三期は、10年程度までの期間に、視力が低下してきたり、ゴムのような腫れが出てきます。この腫れもなくなるのですが、後が残ってきます。第四期は10年後からで、臓器に腫瘍が出来たり、痴呆や、心臓や血管、神経や脳などに支障をきたしてきて死にいたることになります。

梅毒の検査について

梅毒の検査には、市販の検査キットもありますが、検査はかなり重要になりますので、医療機関で正式に判定するほうが良いでしょう。梅毒の検査キットで、陽性なら治療を始めるのも必要になりますが、陰性でも再度医療機関での検査を行ったほうが良いでしょう。男性は泌尿器科、女性は婦人科になりますが、専門の性病科があればそちらがお勧めになります。梅毒の検査方法は、STSと呼ばれるものと、梅毒トレポネーマ抗原を使用して検査する方法の二つがあります。STSは、治療後に陰性化しますが、梅毒トレポネーマ抗原を使用して検査する方法は、陰性化しないので注意が必要です。治療の判断が難しいこともありますので、自分で解釈せずに医師の判断が大切になります。自分が感染している場合は、パートナーも感染している可能性が高く早期発見して早期治療をして行くのが大切です。